/* Google Adsence auto */

休み明け仕事に行きたくない!連休最終日の過ごし方

2019-05-12

こんばんは、この記事を書いているのは冬休み最終日深夜のもふふです。

連休最終日でツイッターのTLが殺伐としていました。
みんな仕事が始まるのがいやなんだなあと思って、ふと検索。

グーグル検索で「休み」を打ち込んだだけで候補のトップに出てきました。

もふふ
もふふ

みんな仕事行きたくなさすぎ。

連休最終日の憂鬱は避けられない?

「仕事行きたくない」「学校行きたくない」の本質的な理由は何でしょう?
ただモヤモヤと憂鬱になっているだけだと、つらいじゃないですか。
どうせ気分が落ちているなら、せっかくだし考えましょう!
原因がはっきりしたら対策もできますよね。

わたしは、

  • 朝起きるのがつらい
  • 満員電車に乗るのがつらい
  • 職場の人間と関わるのが面倒くさい

ことが憂鬱の原因です。自覚しています。

対策を考えるとこんな感じ。

  • 朝起きるのがつらい→早く寝て睡眠時間を確保する。
  • 満員電車に乗るのがつらい→今はどうしようもない。(そのうち乗らなくていいように今から計画中)
  • 職場の人間と関わるのが面倒くさい→人と関わる練習。1年前より楽になった。

 

もふふ
もふふ

わりとどうしようもない!

 

対策できるものは対策します。
寝不足で起きるのがつらくならないように、早めに寝る。
これはできることです。

でも、どうしようもないことは、どうしようもない!!
ので、気に病むなんてもったいない!!

もふふ
もふふ

考えないようにしましょう~

 

憂鬱を避ける連休最終日の過ごし方

わたしが実践しているお休み最後の日の過ごし方を紹介します。

のんびりお風呂に浸かる

寝る時間の2時間前くらいまでに入浴をすませます。

40℃前後の温度にして、15~20分くらい湯船につかるのが良いです。

身体の血行が良くなって、心身ともにリラックスできますよ。
自律神経も整うので良質な睡眠につながります。

照明を暗くする

わが家のリビングでは白色と電球色の切り替えができ、照明の強さも調整できる照明を使っています。
夜になってもピカピカの白色光で明るい照明を使っていると、交感神経優位から副交感神経優位に切り替わりにくく、思考はギラつき眠気も起こりません。
余計なことを考えて眠れなくなるのを防ぐためにも、電球色でちょっと暗めの照明に切り替えるのが良いですね。

早く寝る

「寝たら明日が来てしまう……!」

「休みがおわってしまう……!!」

もふふ
もふふ

気持ちはわかります!!

でも、あえて早く寝てしまいます。

睡眠は最高の贅沢です。

平日は仕事や家事に追われクタクタですよね。
休みの日だからこそ、早く寝るという最高の贅沢ができるのです。
もったいなくないのです。睡眠はわたしたちの身体のメンテナンスをしてくれる大切な時間なんですもん。
マッサージに行ったりエステに行ったりするのと同じ!!しかもタダ!!

「早く寝るのはもったいない」から、「贅沢に睡眠しちゃおう!」というふうに考え方を変えられたら、ちょっぴり生きるの楽になりますよ。

もふふ
もふふ

とりあえず電気消してお布団に入っちゃおう!

 

腹式呼吸でリラックス

お布団に入ったら、ゆったり腹式呼吸をします。
仰向けがいちばん腹式呼吸しやすい状態で、訓練をしなくても自然にできるのでおすすめです。
腹式呼吸も自律神経を整えて身体をリラックスさせてくれるので、良質な睡眠につながりますよ。

どうしても頭が冴えて眠れないときは、ヨガもおすすめです!

 

のんびり過ごして早く寝ましょう!

どうあがいても明日は来てしまうし仕事に行かなくてはいけません。

もふふ
もふふ

しょうがないのだ。

人は時の流れに抗えないのです……。

夜更かしすると明日がつらいので、早く寝ちゃいましょうね。
もしねむれなくて暇だったら、その時はぜひこのブログを巡回してください!

ポメ
ポメ

ブログの宣伝かよ!

 

それではみなさま、よい夜を。

#今日もがんばらない

 

 

スポンサーリンク