/* Google Adsence auto */

【中医学】陰虚体質におすすめの食材

2019-02-04

お肌がカサカサする!目がしばしばする!

よく火照ったり微熱が出たりする!

そんなあなたは潤い不足の「陰虚」体質かも??

f:id:mof_mmm:20181015143324p:plain

陰虚とは

陰虚とは、身体に必要な潤いが不足した状態です。

中医学における三要素のひとつ「水」は身体を潤し熱を冷ます役割があります。

この水が不足して、体内の熱を冷ますことができなくなってしまった状態が陰虚です。

歳を重ねると潤いは不足しがちになりますが、睡眠不足なども原因のひとつです。

中医学では津液は夜寝ているあいだに作られると考えるので、夜ふかししがちな人は要注意です。

 

陰虚の症状

体内の熱を冷ませなくなるため、のぼせやほてり、微熱などの症状が出やすくなります。また、便秘や肌の乾燥という症状が出ることもあります。

  • 肌がカサカサする、かゆみがある
  • 目が乾きやすい
  • 便がコロコロしている、硬い
  • 寝汗をかきやすい
  • のぼせやほてりがある
  • のどが渇きやすい、冷たいものを飲みたくなる
  • 生理の周期が短い

これらが思い当たったら陰虚体質かもしれません。

 

陰虚体質におすすめの食材

陰虚さんには身体が潤う食材、白い食材がおすすめです。

潤い食材

  • トマト
  • 豚肉
  • 蓮根
  • はちみつ

など

 

白い食材

  • 豆腐
  • 豆乳
  • 白きくらげ
  • 白ごま
  • 大根
  • 蓮根
  • 杏仁

など

 

まとめ

陰虚さんが注意しなくてはいけないことは、潤いが足りない≠水分が足りない、です。

水分を取らなきゃ!と勘違いしてガバガバと水を飲んではいけません。

身体の潤いは「潤いを与えてくれる食材」を摂取して作り出していきます。

ここに挙げた食材を積極的に摂れるといいですね。

 

ちなみに、わたしがよく飲んでいる麦味参という漢方も陰虚体質におすすめです。

気力や体力に乏しい「気虚」体質の人、夏バテ対策などに飲まれる漢方です。

全国の日本中医薬研究会会員店で購入できます。

専門医に相談してご購入下さい。

 

#今日もがんばらない

スポンサーリンク