/* Google Adsence auto */

【筆者経験談】乾燥肌、テカリ肌の治し方!「ノー洗剤&ノーケア」生活始めましょう!

2019-05-12

こんにちは、数年前までひどい乾燥肌だったもふふです。

ひどかったんですけど、ひと冬かけて自力で治しました

この記事ではわたしが乾燥肌を治した方法を共有します。

初めにビフォー・アフターです!

before

  • 手足が乾燥で白くひび割れる
  • 顔や手足、背中まで全身かゆくてボディークリームをぬらないとダメ
  • ハンドクリームは1日に何度もぬり直す

after

  • どこもひび割れない
  • どこもかゆくない
  • ケアは顔と手に白色ワセリンを1日2回うすーくぬるだけ

乾燥肌、完ぺきに治ってます~~!!

ということで、乾燥肌を治す方法をシェアしますよ~~。

肌につけるもの、いったん全部やめてください。

もふふ
もふふ

化粧水、乳液、ボディークリーム、ハンドクリーム、シャンプー、コンディショナー、トリートメント、ボディーソープ、全部やめてください。

 

……衝撃的なことを言っている自覚があります。
みなさん拒絶反応を起こすだろうな、という予想もつきます。

でも、わたしの乾燥肌の原因、こいつらだったんです。

これらをやめたら、治ったんです。

肌は本来乾燥しない

わたしがそれまで何も疑わずに行ってきた習慣はこうでした。

  • シャンプー髪を洗う→コンディショナーやトリートメントでカバー
  • ボディーソープや石鹸で肌を洗う→化粧水やボディクリームで肌をカバー

子どもの頃から当たり前にしてきたことなので、この行動に疑問を持ったことはありませんでした。

ところがどっこい。
この「洗う→ぬる」の作業のせいで、われわれは乾燥肌になってしまっているのです!

わたしたちの肌の表面は本来、皮脂でおおわれています
きれいな皮脂でおおわれた肌は乾燥しません。皮脂がコーティングしてくれているからです。

スキンケアの仕組み

皮脂でおおわれた肌はトラブルのないなめらかな肌です。

しかし、ボディーソープやシャンプーで洗うと、そこにあるべき皮脂まで落としてしまいます。
食器用洗剤のCMで見覚えがありますよね。
油汚れを落としたお皿を触るとと、キュッキュッ!と音がします。
洗剤で洗った肌もその状態になっているのです。

そのままだと肌を守るものが何もないので、化粧水やボディークリームをぬって肌をコーティングします。

よく考えてください。

もふふ
もふふ

二度手間じゃない???

わざわざ皮膚を守ってくれるためにある皮脂を落としてはだかんぼにさせて、その上から別のものをぬりたくってるんです。
いったいわたしたちは、何のためにそんなことするんでしょう????

テカリ肌、乾燥肌

「そうは言ってもわたしの皮脂はベタベタですぐ顔がテカっちゃうのよ!!」
そういう方もいるかも知れませんよね。由々しき問題です。

テカリ肌は、皮脂が通常よりいっぱい出てしまう状態。つまり。

洗い落とされてツルツルになった肌を守るために、からだが頑張りすぎちゃってるんですよね。

乾燥肌さんは2パターンあります。

①ツルツルだから本当は皮脂を出したいんだけど、いつも化粧水などをぬりこんでいるせいで毛穴がつまった状態です。
いちご鼻などの症状はこのタイプ。

②いつもクリームをぬって保湿しているせいで、お肌が自分の仕事を放棄しちゃった状態です。
「どうせクリームぬられちゃってるし、わたしが皮脂出さなくてもいいよね~~、、」と、お肌がやる気を失っちゃうんですね。かわいそう。

お肌はいつもがんばってくれているのですよ……本当に……。

本来の肌を取り戻すため、いざ「何もぬらない生活」!

もう一度言いますね。

もふふ
もふふ

化粧水、乳液、ボディークリーム、ハンドクリーム、シャンプー、コンディショナー、トリートメント、ボディーソープ、全部やめてください。

 

 

湯シャン生活を始める

事の発端は2015年冬。

乾燥シーズン真っ盛りで、全身にボディークリームをぬらないと生きていけなかったわたしは、パートナーに背中にぬってくれ~~と頼んだときに言われた台詞。

恋人
パートナー

てか、乾燥肌そんなにひどいなら、シャンプーやめれば?

もふふ
もふふ

は???

わたしも冒頭でのみなさんと同じ反応をしました。

 

もふふ
もふふ

シャンプーしないって……

汚くないのそれ?

恋人
パートナー

お湯でも日常汚れなら十分落ちるでしょ。

僕も脂で顔がテカテカなの治したいから、湯シャンやろうと思ってるんだよね。
そして先ほどの乾燥肌の原理を説明されたわけです。

納得するわたし。

もふふ
もふふ

冬だったら汗もそんなにかかないし、湯シャン始めてみるチャンスかもね。

もふふ
もふふ

ぶっちゃけシャンプーとか面倒だったし、しなくてすむならラッキーでしょ。(本音)

 

湯シャン生活の方法

やることは簡単です。

  • シャンプーやボディーソープで身体を洗うのをやめる
  • 髪も身体もお湯で洗う
  • トリートメントや化粧水、乳液、ボディークリームをぬるのをやめる

たったこれだけ。簡単でしょう?

必要なのは覚悟だけです。

やめる覚悟。
それまで信じて疑わなかった習慣・常識を覆していく覚悟。

ひとつだけつけていいものがあります。
純度の高い白色ワセリンです。

これをちびっと取って、うすーーーく肌につけるのはOK。
つけすぎたら毛穴詰まっちゃうので、うすーくがよいです。

1ヶ月の試練

湯シャン生活を始めて1ヶ月目、大変なことが起きました。

もふふ
もふふ

フケが止まらん!!!!

わたしは毛穴の詰まった乾燥肌さんでした。
「シャンプーで皮脂を落としコンディショナーで毛穴をふさぐ」ことをやめたので、皮膚がどんどんターンオーバーする!!!

フケがわんさかわんさか、毎日出てくる!!!

正直、精神的にキツかったです。
事前に湯シャンについてググって、フケが出ますよとは知っていたものの。こんなに出るのかと。

逆に言えば、息を吹き返したかのように代謝する肌を見て、わたし今までこんなに皮膚を虐待してきたんだなぁ……と申し訳なくなったりもしました。

一方で、テカリ肌のパートナーはそんなにフケは出ていませんでした。
もともと毛穴詰まってないからね。

さらに言えば、めちゃめちゃかゆくなりました
フケが出てるんだからそりゃあかゆいでしょう……。

 

もふふ
もふふ

1ヶ月の辛抱だ……!

1ヶ月後、乾燥肌・テカリ肌治る

1ヶ月ほどでフケは出なくなりました。

それと同時に気づくんです。

もふふ
もふふ

あれ?そういえばどこもかゆくない…。

恋人
パートナー

僕も顔がテカらなくなった。

肌トラブル、1ヶ月で治りました。

あんなに毎日しつこくしつこくぬっていたハンドクリームも、必要ありません。

背中がかゆいのに自分じゃ届かないからと家族にぬってもらっていたボディークリームも、必要ありません。

シャンプー使わなくても、別にくさくありません。

もふふ
もふふ

今までの20年間は何だったんだ……。

 

これでもう、わざわざ大事な皮脂を落とす洗剤類を使う必要もありませんし、自分の肌に合う化粧水を探す途方もない旅に出る必要もありません。
年間の出費もかなり抑えられますね!

お化粧について

わたしは化粧をするときは、白色ワセリンをうすーく全体に伸ばしてから、下地とファンデーションをつけています。

化粧水や乳液は使いません。
化粧を落とすときは椿油を使います。

もふふ
もふふ

メイク落としは皮脂までガッツリつるっつるに落とすので、ゼッタイやめてくださいね。

 

夏場やヘアスプレー、ワックスを使ったときのシャンプー

湯シャンを始めたのは冬だったので問題なかったのですが、季節が移り変わって困ったことが起こりました。
夏、汗、めっちゃかく!!
連日汗まみれになると上手に洗い落とせずベタベタ感が残ったりすることもあります。

また、髪をワックスなどでセットする場合はお湯じゃなかなか落ちませんよね。

そんなときに使っているシャンプーが、「クリームズクリーム」です。

界面活性剤が入っていない鉱物&植物でできたシャンプーです。

担当の美容師さんに、「界面活性剤入りのシャンプー使うとあたまがかゆくなるんです」と相談したら勧めてくれたものです。
現在は美容室でしか買えないようです。

 

まとめ:必要なのはやめる覚悟

肌トラブルを改善するには、「洗う→ぬる」をやめる!

しかし、この方法、向き不向きがはっきりしますよね。

わたしのようにずぼらな人間には最高の肌トラブル改善法です。

シャンプーやクリームの香りが好き、メイクが好きな人にはあまり向いていないかも知れません。

「全部やめる」が向いている人

  • シャンプーとかぶっちゃけ面倒くさかった
  • あんまり化粧やヘアセットをしない
  • そんなに美容に興味ない

「全部やめる」が向いてない人

  • ゴシゴシ洗わないと気が済まない
  • ヘアメイクが大好き
  • 美容品が大好き

そして何より、1ヶ月程度のフケとかゆみに耐えられるか……。
でもたった1ヶ月大変だっただけで、あのカサカサ肌とサヨナラできたなんて安いものです。

生きるのかなり楽になったな~~。

つらい肌トラブルにお悩みの方、「何もつけない」生活、始めてみませんか??

やるなら冬です!!迷ってる時間はありませんよ~~!

※注意事項

今回の乾燥肌・テカリ肌を治す方法は、あくまでも個人的な体験によるものです。

この方法ですべての方の肌トラブルが治るわけではありません。

乾燥肌・テカリ肌の原因も一例にすぎず、その多くは食事や睡眠、生活習慣などの複合的要因によるものです。生活がボロボロの方はたぶん治りません。優先すべきはそっちです。

病院に通っている方はもちろんお医者さんの指示に従ってください。

当サイトはみなさまの肌トラブルの責任を負いかねます。ご了承ください。

 

スポンサーリンク