/* Google Adsence auto */

【ずぼら薬膳レシピ】口内炎に効くトマトと豆腐のお粥

2018-11-27

こんにちは。もふふです。

口内炎になりました。

どでかいのふたつが合体した超痛いやつです。

いつもは唇の裏とかにできるんですけど、今回の子は下の裏のしかも歯に当たる部分に出現。

しゃべれません。痛い。

食べれません。痛い痛い。

ということで、口内炎をさっさと治すべく薬膳を考えました。

口内炎の原因

中医学における口内炎の原因は、脾胃や心に熱がたまっていること。炎症です。

口内炎には実熱タイプと虚熱タイプの2種類あります。

www.midoriyakuhin.com

ツイッターでフォローしている、ミドリ薬品店長の櫻井先生のブログを参考にしました。

わたしは実熱タイプの口内炎。

連日のハードスケジュールで疲れがたまっているところに、担々麺を食べました。おいしい。完全に胃腸がノックアウトされてます。さらに学校関係で締め切りに追われてたり面接があったり、心配事がつきないためストレスもたまっているみたいです。唇もボロボロ。舌にもびっしりのりがついている。。。

実熱タイプの口内炎に効く食材

からだにこもった熱をとるために、冷やす食材を摂取します。

トマト、キュウリ、冬瓜、苦瓜、大根、豆腐、レタス、ホウレン草、ちんげん菜、菜の花、水菜、セロリ、セリ、菊花、ユリ根、ごぼう、レンコン、タケノコ、蒟蒻、もやし、まいたけ、リンゴ、梨、イチゴ、バナナ、スイカ、キウイ、柿、ビワ、グレープフルーツ、オレンジなど。

今回は

・トマト

・豆腐

・チンゲン菜

をセレクト。

口内炎に効く食材を検索すると、だいたい最初にトマトって出てくるじゃないですか。

口内炎なのにトマトなんて食べれなくない!?めっちゃしみるじゃん!!時地獄じゃん!!!!って思ったんですけど、細かく刻んでお粥にぶっ込んでみることにしました。

咀嚼がつらいので、お豆腐を崩したものと野菜を細かく刻んだものにします。ただし、できるだけよく噛むこと。お粥は飲み物!とか言ってると胃に負担かけて本末転倒なので。

トマトと豆腐のお粥レシピ

【材料】(2食分)

・お米……1/4合

・水……2カップ

・小エビ……少々(粉末出汁でも可)

・絹ごし豆腐……1パック

・トマト……1/2個

・チンゲン菜……1枚

【作り方】

1.耐熱容器に水と小エビを入れて、レンジで1分半温めます。(粉末出汁で代用可)

2.お米をとぎ、1でとった出汁と土鍋に入れ、強火で沸騰するまで炊きます。

3.この間にトマトとチンゲン菜を小さく刻みます。わたしは痛みで口を大きく開けられなかったので、1cmくらいに切りました。

4.お豆腐をつぶして、鍋に投入します。弱火で30分煮ます。

5.おかゆが炊けたら、トマトとチンゲン菜を入れて火を通します。

完成です。

f:id:mof_mmm:20180712122419j:image

夕飯にちびちびと、30分くらいかけてゆっくり食べました。

おかゆでもしっかり噛むことが大切です。

早く治ってほしい~~~(現在3日目)

スポンサーリンク